« | トップページ | 原発について »

2015年2月19日 (木)

辺野古基地建設について

  犯罪とは何か。カヌーで、フロートを乗り越え、辺野古基地建設反対の意思を、行動で表す。辺野古基地建設の作業をやめさせるために、カヌーで、行く。これは、「反対派」の行動だが、これが犯罪か。

 選挙で、反対の意思を示したのに、政府に無視され、作業を推し進められる。選挙という平和的な手法で基地建設反対の意思を示したのに、建設が止まらない。

 憲法違反じゃないのか、政府のやってることは。国民主権を、憲法は定めている。沖縄県民(国民)が選挙で示した民意を無視して、「政策」を実行するとは、何事か。政府のやっていることは、憲法に定められた国民主権を踏みにじるものであり、明白な憲法違反だ。

 巨悪(政府による憲法違反=犯罪)に、小悪(カヌーで行くという刑事特別法違反=犯罪)で対抗して、何が悪い。

« | トップページ | 原発について »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

はい、おっしゃるとおり。
小罪とはいえ民意だから。
約束を守らなければ子供でも大人でも怒る。怒る意思表示は必要だから。

今の政府は結論ありきで、でも選挙に勝つことが重要で、選挙中はおいしいこと言って釣って、でも結局民意を無視して、自分達のやりたいようにやる。
民意は関係ない。ただ民が票をくれる、立場をくれる、それだけしか思ってないんじゃないか。

沖縄は辛い歴史があって、日本人はたくさん押し付けて、、
でも今でもとても美しい島で島民は明るく、、
沖縄をもっと大切にしてほしい。
たくさん我慢させたんだから、もう優しくしてほしい。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2026148/58991978

この記事へのトラックバック一覧です: 辺野古基地建設について:

« | トップページ | 原発について »

無料ブログはココログ