« 近所の公園 | トップページ | »

2015年2月 5日 (木)

「イスラム国」について

 「イスラム国」が二人の日本人を殺した。湯川遥菜さん(会社経営者)と後藤健二さん(ジャーナリスト)の二人だ。後藤健二さんについては、現場に行って取材し民衆の側に立って報道するジャーナリストだということを、報道ステーションで見て知っていた。

  「テロリズム」という言葉を辞書を引くと、「政治目的」と書いてある。「イスラム国」がテロ集団であるなら、どんな政治目的があって日本人を殺したのか。いや、そんな論理立てて考えることが無意味に感じるほど、「イスラム国」には常識が通用しない。

 報道ステーションで、5年後に「イスラム国」はあると思うかとの古館伊知郎の問いに、解説者は「イスラム国」はなくても同じようなものが出てくるだろうと答えていた。解説者にそう言わしめるものを今の中東(特にシリア・イラクあたりか)は、抱えているのだろう。

 こんな情況の中で、俺はどうすればいいのか。まずは今夜も報道ステーションを見るか。

 

« 近所の公園 | トップページ | »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

背景を知るといっても限度があるし、難しい問題ですね。多くの人の意見や多くの媒体の発信する記事を読み、少数に偏らないであなた独自の考えを構築するのもいいかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2026148/58826303

この記事へのトラックバック一覧です: 「イスラム国」について:

« 近所の公園 | トップページ | »

無料ブログはココログ