日記・コラム・つぶやき

2015年3月 4日 (水)

「従軍慰安婦」について

 『週刊金曜日』最新号(2月27日号)には、「従軍慰安婦」問題に関連する記事が載っている。

 「従軍慰安婦」とは、どんなものだったのか。まず、これを知りたいと思って、去年の『週刊金曜日』(9月12日号)の、「『慰安婦』問題の基礎知識」(川田文子)を、おととい再読した。説得力があり、いい文章だと思った。

 去年8月5日・6日の『朝日新聞』に、自紙の「従軍慰安婦」報道の誤報を訂正する内容の特集記事が載った。この記事は俺も読んだ。

 この『朝日新聞』の誤報訂正の記事をきっかけにして、「従軍慰安婦」はなかったと主張する側の勢力が増した。

 「従軍慰安婦」はなかったと主張する側は、「従軍慰安婦」は『朝日新聞』によってねつ造されたのだとするキャンペーンを張り、『朝日』の誤報が「慰安婦」問題の本質であるかのようなイメージを一般人に植えつけた。

 俺が近所の書店を覗いた印象では、『朝日新聞』の「従軍慰安婦」に関する誤報訂正の記事が出た後、『朝日』を批判する見出しをつけた本や雑誌が実際、目立っていた。

 安倍首相が『朝日』の誤報を声高に言っているのも、去年、テレビで見た記憶がある。首相が「慰安婦」をなっかったものとする側につくような態度をとるのは、問題というか、異常であり、間違っている。

 俺は、総理大臣を中心とする今の政権の態度こそ注視しなくてはいけない。「従軍慰安婦」問題についての今の政権の態度の問題点を、続ける。

 「今日ではすべての中学校歴史教科書から『慰安婦』についての記述が削除されている。そのため、中学生はもちろん、高校生も『慰安婦』について学ぶ機会を失った」(川田文子の「『慰安婦』問題の基礎知識」より・要約)

 こんな教育の状況を放置している、というか「これでよし」としている政府。間違っている。

 安倍政権は、河野談話を見直すような委員会を、去年4月ごろに、たしか立ち上げたように思う。

 河野談話は、ひどい歴史の事実を認め、反省する立場を取ったものだ。そのまま継承すればいい。河野談話を見直すような政府の行き方は、間違っている。

 

 

 

 

 

 

 

2015年2月26日 (木)

戦後70年談話について

 過去の加害の事実を認め、反省する態度がない限り、被害者はもちろんのこと、歴史を引き継いでいる中国・韓国の人民と、友好関係を築くことはできない。

 戦後70年の安倍談話が今年中に出されるという。このことに関して思いをめぐらせていたら、上のようなことが思い浮かんだ。

 「過去の加害の事実を認め」と言うとき、俺自身にとっては、本多勝一の本「南京への道」が、その出発点だ。日本軍による、上海・杭州湾上陸から南京陥落の過程での、中国人への暴行・虐殺・強姦・放火など。この南京大暴虐事件について、それを体験し、生き延びた中国人の話を聞き書きし、まとめたものがこの本だ。

 俺はこの本を読んで衝撃を受けた。日本軍がこんなにひどいことをしていたなんて、知らなっかった。この本を俺は22歳の時に読んだが、あまりの「ひどさ」に読みながら泣いた。この本によって、俺は、日本軍のめちゃくちゃぶりを、ひどさを、いわば体験した。だから、俺にも日本軍のひどさは分かる。

 南京大暴虐事件を体験した人が、日本の政府が出す総理大臣談話をどんな目で見るか。また、体験者の体験を引き継いでいる中国人民と、その人民を擁する中国という国が、日本と友好関係を築けるか。ひどいことをされた人は、ひどいことをした人を決して許せないと思う。

 日本が中国と友好関係を築けるかどうかは、冒頭に書いたように、日本が日本軍のひどさを認め反省する態度を示すことができるかどうかにかかっていると思う。ひどいことをしたのは、日本という国の軍隊だった。日本軍がひどいことをした事実は決して許されないだろうが、日本政府が真に反省の態度をとることができれば、ひどいことをされた中国人民の側も、少しは心の氷が溶けるかもしれないと期待してしまう。

 日本政府は、戦後50年の1995年の村山談話まで、戦中の日本軍の行為を侵略と認め、これを痛切に反省するということを言ってこなかった。日本政府は、「侵略」「痛切に反省」という言葉の入った村山談話を継承し、教育・学習の場で、現代史とくに日本軍による侵略の歴史、具体的にどんなだったかということを、日本人民にに知らしめていく方向へむかわなければならない。

2015年2月25日 (水)

原発について

 自民党を衆院選で大勝させた日本人。日本人は自民党の原発政策を支持したということか。自民党の原発政策というのは、原子力規制委員会が調査・議論をして「よし」ということになれば、原発を再稼働させるというものだろう。自民党の原発政策は、原発を再稼働させる方向にむいている。

 衆院選では原発政策は、主だった争点にならなっかったような気がする。経済政策、アベノミクスが主だった争点だったようなイメージを持っている。投票率も低かった。自民党を勝たせたからといって、日本の世論が原発を推進する方向のものかというと、そうでもないような気がする。

 川内原発は再稼働させず、大間原発をつくらず、今ある原発はすべて廃炉にしていく。核燃料処理施設は、今までの核燃料ゴミを処理するのには必要だから、これからもやっていかざるを得ない。とにかく、原発はやめる、やめるという方向でやっていく。脱原発ということだ。脱原発は、大江健三郎とか坂本龍一とか、有名人が表に出たり、今の日本では、ある程度広まっているのじゃないかと思う。「世論」とまではいかないにしても。

 声を上げ続けること。「再稼働」に反対すること。川内原発を再稼働させるような、大間原発をつくるような政府の行き方はやめさせ、まともな、脱原発の行き方をする国にする。自民党の政策をあらためさせるか、自民党政権をやめさせるか。まともな政策をやっていれば問題ないんだけど、今の政府はまともじゃないから。福島第一原発の事故を経験して、民意は原発から離れているのに、それでも原発でやっていくという方針を堅持する「政府」の異常さ。どうしようもない政府だけど、まともな政府にしなきゃいけないよね。

 俺の声。

 何を言ってんだ、お前は。安倍。やめろ!!

2015年2月19日 (木)

辺野古基地建設について

  犯罪とは何か。カヌーで、フロートを乗り越え、辺野古基地建設反対の意思を、行動で表す。辺野古基地建設の作業をやめさせるために、カヌーで、行く。これは、「反対派」の行動だが、これが犯罪か。

 選挙で、反対の意思を示したのに、政府に無視され、作業を推し進められる。選挙という平和的な手法で基地建設反対の意思を示したのに、建設が止まらない。

 憲法違反じゃないのか、政府のやってることは。国民主権を、憲法は定めている。沖縄県民(国民)が選挙で示した民意を無視して、「政策」を実行するとは、何事か。政府のやっていることは、憲法に定められた国民主権を踏みにじるものであり、明白な憲法違反だ。

 巨悪(政府による憲法違反=犯罪)に、小悪(カヌーで行くという刑事特別法違反=犯罪)で対抗して、何が悪い。

2015年2月 5日 (木)

「イスラム国」について

 「イスラム国」が二人の日本人を殺した。湯川遥菜さん(会社経営者)と後藤健二さん(ジャーナリスト)の二人だ。後藤健二さんについては、現場に行って取材し民衆の側に立って報道するジャーナリストだということを、報道ステーションで見て知っていた。

  「テロリズム」という言葉を辞書を引くと、「政治目的」と書いてある。「イスラム国」がテロ集団であるなら、どんな政治目的があって日本人を殺したのか。いや、そんな論理立てて考えることが無意味に感じるほど、「イスラム国」には常識が通用しない。

 報道ステーションで、5年後に「イスラム国」はあると思うかとの古館伊知郎の問いに、解説者は「イスラム国」はなくても同じようなものが出てくるだろうと答えていた。解説者にそう言わしめるものを今の中東(特にシリア・イラクあたりか)は、抱えているのだろう。

 こんな情況の中で、俺はどうすればいいのか。まずは今夜も報道ステーションを見るか。

 

2014年4月 9日 (水)

近所の公園

家から一番近い公園の桜を撮った。

この公園で俺は、ウォーキングまえに軽い運動をする。

14年4月4日撮影。

Sakura1

その他のカテゴリー

無料ブログはココログ